栃木で中古住宅+リノベ・デザインリフォームなら宇都宮「リングスプラス」

中古を買ってリノベーションに関する悩みを解決!お役立ちブログ!

★リフォーム・リノベーションのメリット・デメリット|中古住宅リフォームお役立ち情報

■リフォーム・リノベーションのメリット・デメリット

 

 

 

リフォームの最大のメリットは、

住み慣れた家をそのままに付加価値をつけ意匠を変更する事ができる点です。
一軒家の場合、リフォーム・リノベーションが必要になるほど老朽化しているのは、

一般的に長い期間住み慣れた家であることがほとんどです。
この場合、建て替えなどの大掛かりな工事をしてしまうと、

今まで住み慣れていて愛着のある家の雰囲気はまったくといっていいほどなくなってしまいますので、

出来る限り今までの家の雰囲気を残したいのであればリフォームをするのがおすすめです。

反対に意匠・使い勝手・設備などを入れ替え大きな改善をしたい場合はリノベーションがお勧めです。

 

一部だけを新しくするため、家全体の住み心地は変わりませんし、

リフォームの他にリノベーションでは意匠も変わり

また違った顔を見せる住み慣れた空間を味わえます。

愛着のある家の雰囲気もそのままにすることができるでしょう。
また、リフォームもリノベーション工事期間が短く予算も建て替えに比べると安いため、

早急にデザインや機能の改善をしたいという場合にも大きなメリットになります。

例えば、お風呂のタイルが剥がれていたり、

水はけが悪くてカビが生えてしまったりしている場合、

そのまま放置しておくと、より老朽化のスピードを早めてしまいます。

 

また、ご家族が自立したため間取りを変更したい、親族のかたと同居するため意匠を変える

または中古住宅を購入したため以前と違う衣装にリノベーションする
このような場合は一刻も早く改修をしたいので、

工期が長くかかる建て替えよりはリフォーム・リノベーションを選択するのがいいでしょう。

これは工事期間が短いということにも関連しますが、

リフォーム工事は一部分を改修する工事がほとんどであるため、

仮住まいを長期で借りる必要がないという点もいいところです。

 

 

■リフォーム・リノベーションの違いリフォームのデメリット

 

「一部分を改修する」という特徴は、リフォームのデメリットとも言えます。
一部を改修するということは、

逆にいえば間取りの変更などの大掛かりなデザインの変更ができないということだからです。
あくまでも新築のときの状態を取り戻すことを目的として行われるため、

当初のデザインの変更は原則としてできないことが、リフォームのデメリットといえるでしょう。

例えば、先に挙げた家族が増えたりして部屋の数が足りなくなってしまった場合や、

子供の成長にともなって子供部屋を新たに作る場合などはリフォームでは対応できません。

この場合は、リノベーションの範疇になります。

内装や外装に限らず、表面的な改修についてはリフォームで十分対応できますが、

家の基礎部分や内部構造自体を強化するという工事をリフォームという範囲でやってしまうと、

建て替えよりも劇的な変化は見られないのに、費用は高くついてしまうといったようなことが

起こり得るということは特に注意しておきましょう。

 

中古住宅を購入してリフォーム・リノベするなら下記の内容抑えておこう

 

中古物件を購入し、自分たちの暮らし方や好みに合わせてリノベーションをすれば、お手頃な費用で理想の空間を作れます。しかしここで注意しておきたいのが、その物件が果たしてリノベ—ション向きかどうかということです。物件購入前にこの点をリフォーム会社とよく打ち合わせをしながら物件選びをしないとうまくいかないなんてこともよくありますので注意が必要です。

 

 

耐震上安全なのは2000年以降に申請された家・機能改善工事も少なくて済む

 

 

購入対象となる中古一戸建ての目安としては、木造住宅の改正建築基準法(現行法)が施行された2000年6月以降に建築確認申請された家がお勧めです。それ以前の建築基準法の耐震基準で建てられた家は耐震性が低い家がほとんどだからです。日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)の調査によると、1950年から2000年までに建てられた、2階建て以下の木造在来工法住宅の9割以上の家が、耐震性が不足しているそうです

 

新耐震基準が施行された1981年の改正で、木造住宅については耐力壁の量や倍率などが見直され、耐震性が大きく向上しました。その後、2000年6月に木造住宅の耐震性に大きく関わる改正があり、具体的には、「基礎形状」「柱頭、柱脚、筋交いの接合方法」「耐力壁をバランス計算して配置すること」などの仕様が明記されました。つまり、それまでは設計士、現場サイドの裁量で判断されていたものが改正後はより具体的な基準で施工を行う必要がでてきたということになります。

 

つまり、2000年6月。この年は、建築基準法が改正され地盤調査が実質的に義務化されたり、木造の建物における金物の規定および耐力壁の量とバランスが規定されたりと、主に木造住宅の耐震性がさらに向上するように規制が強化されより日本の住宅の安全性を強化した、そんな改定を行われた年になります。物件購入の際は2000年6月を基準に考えるとよいかもしれません。

 

ただ、新しくなればなるほど耐震性や住宅保証などは手厚くなってきますが、それに伴って築年数が浅くなればなるほど、住宅の価格も上がってきます。資金にそれだけ余裕があれば新しい住宅を選択するのもありですが、何事もバランスが大切。毎月の支払で無理をしてしまえば本末転倒です。総合的に判断できるようにどんなことでも専門家に相談して考えていきましょう。

 

 

築20年程度の家は土地代だけで買える

 

 

「日本の中古住宅は築20~30年で不動産としての評価がゼロになり、解体を前提とした『古家付き土地』として売られていることが多いのですが、そうした築古物件は土地代のみで購入できます。購入コストを抑えれば、その分、リノベーション費用に掛けることができます。状態の良い家を見極められれば、耐震補強工事や劣化部分の補修など、きちんと手を入れて長く住み継ぐことができます。居住性能が向上するリノベーションを行えば、新築と同等の快適環境を手に入れることも可能です」

 

不動産業界において、一戸建て住宅の価格は築20年ほどでゼロになるとされています。これは、木造住宅における税法上の耐用年数が22年と定められているからです。もちろん築20年以上の家に価値がないとか、建物の寿命が尽きたというわけではありません。マンションの場合、税法上の耐用年数はRC(鉄筋コンクリート)造で47年・鉄骨造で34年となっていますが、築20年ほどで新築時の価格のほぼ半額まで下落し、それ以降はほぼ横ばいと緩やかな傾向になります。

 

 

大手ハウスメーカーなど、強い構造にこだわった会社の家は構造がしっかりしている

 

 

「例えば、一部大手ハウスメーカーなどのように、剛性の高い構造の家を建てている会社の家は、現在の建築基準法の改正以前に建てられた家でも耐震基準を満たしているケースが多く見られます。そうした家なら耐震改修にかかるコストを抑えられるのです。特に、三井ホームなどが建てている2×4(ツーバイフォー)工法、積水ハウスなどが建てている軽量鉄骨造、旭化成ホームズなどが建てている重量鉄骨造はもともと頑強な構造で耐震性が高いのが特徴です」

 

2×4工法とは...

ツーバイフォー工法は、木造建築の工法で「木造枠組壁工法」のひとつです。2×4の意味は、家を建てるときにつかわれる角材のサイズが「2インチ×4インチ」であるためです。1インチは約2.54センチメートルなので、ツーバイフォーの角材は、縦5.08センチメートル、横10.16センチメートルのサイズということになります。この角材の大きさによって、他にもツーバイシックス(2インチ×6インチ)、ツーバイエイト(2インチ×8インチ)、ツーバイテン(2インチ×10インチ)といった工法もあるようです。

 

軽量鉄骨造・重量鉄骨造とは...

建物の柱や梁などの骨組みに軽量の鉄骨を使う構造のこと。

鉄骨を使う構造は鉄骨造といって、鋼材の厚みにより重量か軽量に分かれている。鋼材の厚さが6mm未満であれば軽量鉄骨造で、6mm以上になると重量鉄骨造となり、軽量鉄骨造は主にアパートや戸建てで使用される。ただ、積水ハウスや旭化成など大手メーカーは住宅でもこの方法で建築をするプランなどもあるようですね。

 

 

柱と梁を組む木造軸組工法は間取りの変更自由度が高い

 

 

 

「間取りを変更するリノベーションを行う場合は、変更しやすい工法とそうでない工法があるので注意が必要です。一戸建て住宅に最も多い『木造軸組工法』のように、柱と梁で構造が組まれている軸組工法の家は、壁をとって間取りの変更をするのが容易です」

「2×4工法」は壁で建物を支える構造なので、取り払えない壁が多く、間取りの変更に制約が生じます。「RC(鉄筋コンクリート)造」はラーメン構造と壁式構造の2タイプありますが、ラーメン構造なら改変可能です。

また、「プレハブ工法」は素材によって木質系、鉄骨系、コンクリート系に分かれますが、「鉄骨系プレハブ工法」は柱と梁の構造なので間取りの変更がしやすいのですが、木質系、コンクリート系は壁式構造なので難しい場合があります。
「特にボックス型ユニットを現場へ運んで積み上げるようなプレハブ工法の場合は、間取りの変更がほとんどできません」

鉄骨造は「重量鉄骨造」と「軽量鉄骨造」があり、いずれも柱と梁の構造ですが、軽量鉄骨は耐力壁(建物を支える壁)の移動に制約があることが多いです。

 

 

おわりに(まとめ)

 

いかがでしたか?住宅のリフォーム・リノベーションを考えるなら、メリットを最大限に生かし、

デメリットがあれば後悔につながらない妥協や安全な方法での回避を考えていくことが大切です。

「好みの住まいを安く手に入れられる」ことがリフォーム・リノベーション住宅の魅力ですから、

当社ではリフォーム・リノベーション工事を多数行ってきた専門の施工会社と業務提携しております。

だからこそ再現性の高いデザイン+戸建売買を提供できます。

リフォーム・リノベーション物件に住みたいお客様!お気軽に当社へお問合せください。

 

中古住宅を購入しリノベーションしたお客様の声

 

きっかけは家族が増えたことで家を欲しいと思ったのがきっかけ、

支払いや無理をしないことを考えたとき中古住宅を買ってリノベしたい考えました。

最初は業界を知らないことで警戒心もあった中での対面だった。

ですが小林さんにあって2回目以降からは信頼できると思いました。

ざっくりとしたデザインをパース図を作成してくれて具体的にイメージもでき対応も早く、

まるで自分の家をやっているように私たちの家を作ってくださいました。

自分たちが思っていた理想の空間、人を呼びたくなるような空間を作ることができました。

予算は生活の中で限られていますが私たちは小林さんに会ってリノベという

選択肢をとって本当に良かったと思っております。

 

 

 

 

 

中古住宅をリノベーションの実績です。ご覧ください。

 

 

 

栃木県壬生町にある中古住宅リノベーション作品事例です。

中古住宅を購入頂き、リフォーム・リノベーションのご依頼頂きました

奥様旦那様のこだわりの詰まったインダストリアルデザインの空間が完成しました。

 

 

私が担当です(プロフィール)

 

小林 孝 株式会社Rings+ 代表・デザイナー

不動産会社・リノベーション会社って、なんか敷居が高くてお店に入りにくい、担当者の時間が限られていて話しづらい・話し切れない…そのような経験のある方は少なくないのではないでしょうか。私自身も、そのような環境ではお客様が気軽に相談できないのは?と感じておりました。自分が会社を立ち上げる時は、入店しやすく、お客様に安心してもらえる会社にしよう!という思いでできたのが当社Rings+です。
 不動産もリノベーションも大変大きな買い物です。だからこそ、不安を気軽に話せる相談相手が必要だと思います。美味しいコーヒーとカフェ風空間の店舗で、時間を気にせずなんでもご相談ください。一人一人お時間の許す限り、じっくりご対応いたします。

簡単お問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ内容入力
  • 内容確認
  • お問い合わせ完了
お問い合わせ内容
フリースペース

どんなことでもこちらからご相談ください。

社名・店名
お名前
ふりがな
せいめい
メールアドレス

携帯電話のメールアドレスをご入力される方へ

下記ドメインを受信できるように設定してください。
ringsplus.co.jp
メールアドレスに、連続した . (ドット)や、@ の直前に . (ドット)がある場合、メールを送信できない場合がございます。
他のアドレスか、電話番号等の連絡先もご入力くださいますようお願いします。
メールアドレスの確認

 

メール誤送信防止のため、入力内容を今一度お確かめください

電話番号
--
FAX番号
--
住所
郵便番号
-

郵便番号を入力すると自動で住所が表示されます
半角で入力してください

都道府県
市町村区
丁目・番地
マンション・アパート名
建物名・部屋番号など
見学希望日・来店希望日

店舗からのご連絡をもって、予約が確定いたします。
翌々日以降の日時を指定してください。

第1希望  時間 時 
第2希望  時間 時 
第3希望  時間 時 

ページ先頭へ