宇都宮市リノベーション専門店 Rings+「リングスプラス」リフォームでは満足できないあなたへオシャレなデザイナーズ住宅をご提供いたします

株式会社Rings+

栃木県宇都宮市今宮2丁目18番10

営業時間10:00~24:00

お問い合わせ

電話をかける

中古を買ってリノベーションに関する悩みを解決!お役立ちブログ!

★リフォームとリノベーションの違い

 

テレビや雑誌などのメディアで「リノベーション」という言葉を見かけることが多くなってきました。

言葉は知っていても、リノベーションに対するイメージは様々あるようです。「リノベーションは、リフォームのオシャレ版」と思っている人もいれば、「リノベーションはリフォームの大規模版」と思っている人も。みなさんはどんなイメージをお持ちですか?また、なぜいまリノベーションが人気なのでしょうか?

ここでは、混同しやすい「リフォーム」と「リノベーション」の違いをお話しします。

 

 

◇リフォーム=元に戻す

 

リフォームは、時間を経て汚れて古びた内装を新築の状態に近づけるための改修です。

英語の「reform」は「悪い状態からの改良」を意味し、リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。

「マイナスの状態のものをゼロの状態にに戻すための機能の回復」という意味合いとして使われることが多いため、例えば、剥がれた壁紙を貼り替える、古くなったキッチンを新しいものに取り換える、等が挙げられます部分的・表層的な改修工事で、古くなった住まいを新築当時の状態に原状回復するためにおこなわれます。

 

例えばトイレのリフォームの場合、下記の画像のように、設備機器の取り付けや床材の交換など、限定的な工事を行うのが一般的です。
こうした事例の場合は、費用の見積もりもある程度決まっていることが多く、「トイレの設備機器の増設と壁紙・床材の交換」であれば、20~60万円。「システムバスの交換」であれば、60~100万円程度が相場とされています。(※機器のグレードによって金額は上下します)

 

 

☆写真before/after

 

 

◇リノベーション=つくり変える

 

間取りから内装・配管などすべてをゼロから考え直し、これから住む人たちの暮らしに合わせてつくり替えることで機能を刷新し、新しい価値を生み出す改修をリノベーションと言います。
 英語での「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味していて、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを表しています。


中古住宅は、その建物が新築された当時の暮らしに最適化された間取りや内装になっています。それをどう変更するかという発想で考えるのではなく、現在の暮らし、住む人のライフスタイルに合わせる家づくりをするのがリノベーションです。例えば、仕切り壁を取り払い光と風が通る広々としたリビングをつくる、ファミリー用のお部屋をひとり暮らしに適した間取りや機能に刷新する、など。

 

このように、リノベーションではライフスタイルや生活環境に合わせて自由自在にアレンジできるという魅力から、近年では非常に人気が高まっています。

中でも近年注目されているのが、もとの部屋を躯体だけ残して解体し、内装や設備機器を一新する「スケルトンリノベーション」です。
築年数の古い建物でも、家の中は新築同様にできること、間取りやデザイン・設備など、全て自由に決められることから、スケルトンリノベーションを前提に中古住宅を購入する方も増えてきています。

 

 

☆写真before/after・解説

 

BEFOR→AFTER 悪くはない傷み具合のLDKですが今風のデザインではありませんでした。ご夫婦の希望を聞きながらまず対面でないキッチンを対面式キッチンにして旦那様の希望のインダストリアル感・奥様のカフェ感の両方を取り入れたデザインをご提案いたしました。

間取りbefore/after

 

写真before/after

 

ただし、スケルトンリノベーションにも制約が全くないわけではありません。
たとえば、マンションの場合「PS(パイプスペース)」と呼ばれる各住戸の給排水管を繋いでいる場所があり、ここは共有部分に当たるため、移動することはできません。
またPSから離れた場所に水廻りをおくと、配管の勾配がとれないため、うまく給排水ができなくなる恐れもあります。

 

さらに物件によっては、床材や壁材に制限がある場合があります。
築古マンションは防音性能が充分でないため、遮音性が高い床材や壁材を使用してカバーしている物件もあります。
そのため床材や壁材を変える場合も、同等以上の建材を用いなければならないという制約があります。

他にも、玄関ドアやバルコニーなどは共有部分にあたるため、塗り替えや拡張が認められない。
電気やガス給湯器の容量が決められている場合もあり、オール電化やガスコンロをIHに変更する際は注意が必要な場合がある――といった制約があります。

 

 

部分リノベーションで部屋の印象が変わる!

 

リノベーションは、スケルトンリノベーションのような全体を変えるものだけでなく、部分的なデザインや機能の改良も含む概念です。
このような場合は、古くなった箇所の修繕に留まるリフォームの場合と区別して、部分リノベーションと呼ばれています。

 

部分的な修復という点では、リフォームと似ていますが、ちょっとの工夫で部屋の印象全体がずいぶんと変わる、あるいは機能性が大きく向上するといった違いがあります。

例えば、下の間取り図は、全体を大きく変更せず、キッチンや洋室のデザイン等、ポイントを絞って改装した例です。

 

このように、リフォーム済み物件や築浅物件などの「ここだけが気になる……」という部分に手を加える場合も、リノベーションと呼ばれることがあるのです。当社では、100万円~可能な定額リノベも取り扱っています。

 

>☆定額リノベの紹介サイト

 


◇リフォームとリノベーションの違い

 

 

現在、「リノベーション」と「リフォーム」の言葉の使い分けは非常に曖昧になりつつあり、明確な線引きはされにくくなってきています。 しかし、「リフォーム」と「リノベーション」はそれぞれ異なるメリット・デメリットと「工事の規模」や「住まいの性能」に関する違いがあります。では、両者の違いについてもう少し詳しくみていきましょう。

 

 

工事の規模

 

設備の変更や修繕など、システムキッチンやユニットバスの入れ替えや壁紙の貼り替え程度の比較的小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。一方、間取り、水道管、排水管、冷暖房換気設備の変更など大規模な工事は「リノベーション」に分類されます。

リノベーションでは、「フルスケルトン」といって全てを解体し、躯体構造だけにして改修を行うケースも珍しくありません。そのため、部分的な改修を行なうリフォームに比べて、工事の規模が大きいのが特長です。

 

 

住まいの性能

 

新築の時と同等か以下の性能になる工事は「リフォーム」に分類されます。一方、新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」に分類されます。

 

また、住宅にオフィススペースを設けたり、オフィスビルを住宅用に改修する等、用途の変更が伴うリノベーションのことを「コンバージョン(変換、転換)」と言われることもあります。日本でも少子化で廃校になった学校がオフィスや福祉施設となったり、オフィスビルが供給過剰となっている地域で多くの空室が発生し、その対策としてマンションとするコンバージョンが見受けれます。

リノベーションでは、プランニングの段階から改修に使用する素材などをオーダーできるケースも多く、断熱や採光、通風、省エネ、耐震設計などお住まいの性能を大きく向上させる改修が可能です。 そのほか収納性の向上など、生活するうえで欠かせない箇所の改善も図れるので、住宅の価値もグッと高まるでしょう。

 

 

◇リフォーム・リノベーション済み物件とは

 

中古マンションの広告や物件情報のポータルサイトでは、「リフォーム済み物件」や「リノベーション済み物件」という言葉をしばしば目にします。
注意したいのは、こうした文言がついている場合、工事の内容にそれほどの違いがない場合が多々あることです。

 

クロスの交換や水廻りを修繕など、ささいな内容でも「リノベーション済み」としている業者が非常に多く、これまで述べてきたような大掛かりな工事が行われていない可能性があります。そのため、配線や配管の交換などが行われているのかは、個々に確認をとる必要があります。

 

特に、築古物件は見えない部分こそメンテナンスが必要なため、 「リフォーム済み物件」、「リノベーション済み物件」を選ぶ際は、その工事内容を必ず確認するようにしましょう。

中古住宅を買ってリノベーションをする場合は、リノベーションプランを自分で決められるので、このような心配はまずありませんが、購入する物件がそもそもリノベーションに向いているかどうかを判断することが必要になってきます。

 

 

◇なぜ日本はリフォームが主流なのか?

 

アメリカやヨーロッパなどでは、古い家屋をリノベーションして住むことは当たり前です。古めかしい外観の建物に一歩足を踏み入れると、モダンな居住空間が広がっているのを、映画などでご覧になった方も多いのではないのでしょうか。

しかし、日本ではそのような本格的なリノベーションは、いまだ定着していません。どうしてもやりたいという少数の人が、高い設計料を支払ってデザイン事務所に依頼し、それ以外の多数派はいわゆるリフォームで良しとする、それがいまの日本の主流です。

 

 

◇まとめ

 

 

リフォームとリノベーション、似ているようで意外と違う部分が多いのです。

現在お住まいのお家で、「ここ修理したいんだけど、間取りから変更できたらもっといいのに...」「この先、子供が独り立ちしたら間取りを変えたい」などのご希望がある方、ぜひリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか?「家でどんな風に暮らしたいか」を考えた上で、リノベーションやリフォーム、または新築や建て替えなど、あなたに合った選択ができるといいですね。

 

簡単お問い合わせはこちらから

  • お問い合わせ内容入力
  • 内容確認
  • お問い合わせ完了
お問い合わせ内容
フリースペース

どんなことでもこちらからご相談ください。

社名・店名
お名前
ふりがな
せいめい
メールアドレス

携帯電話のメールアドレスをご入力される方へ

下記ドメインを受信できるように設定してください。
ringsplus.co.jp
メールアドレスに、連続した . (ドット)や、@ の直前に . (ドット)がある場合、メールを送信できない場合がございます。
他のアドレスか、電話番号等の連絡先もご入力くださいますようお願いします。
メールアドレスの確認

 

メール誤送信防止のため、入力内容を今一度お確かめください

電話番号
--
FAX番号
--
住所
郵便番号
-

郵便番号を入力すると自動で住所が表示されます
半角で入力してください

都道府県
市町村区
丁目・番地
マンション・アパート名
建物名・部屋番号など
見学希望日・来店希望日

店舗からのご連絡をもって、予約が確定いたします。
翌々日以降の日時を指定してください。

第1希望  時間 時 
第2希望  時間 時 
第3希望  時間 時 

ページ先頭へ