宇都宮の新築建売・中古住宅・中古マンション・リノベーションなら株式会社Rings+「リングスプラス」

株式会社Rings+

栃木県宇都宮市今宮2丁目18番10

営業時間10:00~18:00

定休日水曜日・他1日

お問い合わせ

電話をかける

宇都宮の不動産に関する悩みを解決!お役立ちブログ!

当社の推奨するフロアタイルって?リノベ向きの材料について


フロアタイルとは?


フロアタイルとは塩ビ素材の床材です。塩ビ素材の床材と言えばクッションフロアを想像しますがクッションフロアは「塩ビシート」フロアタイルは「塩ビ素材のタイル」です。フロアタイルはクッションフロアと少し違いデザインされる木目柄や石目柄は凸凹も再現され本物と間違うほどリアルなデザインです。また、クッションフロアと違いクッション性が無いのでフロアタイルは傷などに強く土足も対応している物もあります。


フロアタイルの種類


木目調のフロアタイル 木目調のフロアタイル オニックス調のフロアタイル 石タイプのフロアタイル
木目 木目 オニックス 石粒

フロアタイルは大きく分けると木目調、石目用などがありますが写真を見ての通り同じ木目でも様々なデザインや模様があります。同じ石目調やストーンタイプのフロアタイルでも表面がつるつるで光沢のあるものや石の素材がリアルに再現されごつごつとした物もあります。フロアタイルはクッションフロアよりも更にリアルなデザインが得られる床材だと言う事が見てわかりますね。


フロアタイルのメリット


フロアタイル


フロアタイルの最大のメリットはリアルな質感と耐久性、施工の気軽さ、メンテナンス性です。


耐久性と耐水性

フロアタイルの凹み実験 フロアタイルの傷付き実験

通常天然素材で出来たフローリングなどは水を含む事から水まわりにはあまり適していない床材と言えますが塩ビ素材で出来たクッションフロアやフロアタイルは耐水性があります。

また、クッションフロアよりも素材が硬いので重い物などをおいた時にできるくぼみが少ないと言う事です。

ただし、フロアタイルはクッションフロアと違い床材がタイル状になっている為、フロアとフロアの繋ぎ目部分から水が入り込むので注意が必要です。


施工の気軽さ


フロアタイル1枚のピース


フロアタイルは「タイル」と言うように素材が1枚1枚ピース状になっているのでパズルのように簡単に敷く事ができます。また、フロアタイルはカッター等で簡単に切ることができるので初心者でも簡単にDIYすることが出来ます。そして、フロアタイルは既存の床材の上にそのまま引くことができるので簡単にリフォームすることができます。


メンテナンス性


フロアタイルのメンテナンス性


フロアタイルの最大のメリットは簡単なメンテナンス性です。

クッションフロアの場合は一部分が破損したり汚れてしまった場合すべて張り替え無いといけませんがクッションフロアは汚れた部分や破損した部分の1枚を変える事で終わります。

また、天然素材のフローリングはワックスが必要ですがフロアタイルはワックスの必要がありません。

こういったメンテナンス性の良さから最近は人気の床材になっています。


フロアタイルのデメリット


フロアタイルのデメリットはあまりありませんが安価なクッションフロアに比べると少しコストが高いと言う事です。ただし、破損や汚れでの張り換えといった面ではクッションフロアより安くすみます。

その他にはクッションフロアに比べ素材が硬くクッション性が無いということです。良く歩く場所や防音性を重視する場合はフロアタイルはあまり適していないと言えます。


LINEでもお気軽に

不動産の購入に関する相談・リノベーション リフォーム相談を無料にて行っております!!

詳しくは下記リンクをクリック

■ LINE@で不動産相談する方法 ■


Rings+


株式会社Rings+

「カブシキカイシャ リングスプラス」

☎ 028-688-7077

✉ info@ringsplus.co.jp

お問い合わせはお電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください


■HPからのお問い合わせはこちら■


ご来店はこちらの地図を参照してください。

ページ先頭へ