宇都宮の不動産・新築建売・中古住宅・中古マンション・リノベーション・リノベ賃貸なら株式会社Rings+「リングスプラス」

株式会社Rings+

栃木県宇都宮市今宮2丁目18番10

営業時間10:00~18:00

定休日水曜日・他1日

お問い合わせ

スマホサイトへ戻る

宇都宮の不動産に関する悩みを解決!お役立ちブログ!

全面リフォームVs.新築―ズバリ「どんな人に向いてるの?」


近年の「リフォームブーム」で、これから家づくりを考える方の選択肢が増えたように思えます。家を解体して廃材を出し、新たに建てるよりはエコですね。自然環境への配慮という考え方にも沿っています。また、全面リフォームを取り上げたテレビ番組の影響からか、「中古住宅の全面リフォームも悪くないな」と思われる方も実際に増えています。また、実際に全面リフォームやリノベーションで賃料が上がった、もしくは、入居申込者数が増えたマンションも実在します。つまり、全面リフォームやリノベーションで価値があがったということ。古いのに価値が上がる―この、不思議な力を「全面リフォーム」は持っています。大まかに言えば、全面リフォームは土地の利便性に重きを置き、新築は家の新しさに重きを置くか―の違い、と考えるとよいでしょう。良いものを大事に使うという価値観の広がり、また、エコロジーの観点からも、この全面リフォームが近年注目されている理由であることには頷けます。同じお金を使うなら、最終的に価値の残る「土地」に払いたいという考え方もあるでしょう。もちろん、せっかく家を買うのなら、「自分仕様の一点ものを」という考えも。正解はありません。家を購入しようと考える人の価値観がポイントとなるのです。では、全面リフォームと新築とでは、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを挙げ、比較してみましょう。


全面リフォーム―多少古くても良い家・良い場所を狙う方に


メリット


今現在では望みづらい「駅近く」「まちの中」などの好条件の家を比較的安価に探せるかもしれません。

これはかなり大きなメリットです。既に「そこにある家」なので、昼夜の環境の調査や、ご近所さんの関係のあり方などもある程度自分自身で調べる事ができます。また、家の外観、間取りなど、一から作り上げるものと違い、実際に体感(仲介業者に見せてもらう)ことができますから、自分たちの暮らしぶりをイメージしやすいでしょう。

解体~新築ではないので、使えるものは使うことができ、環境負荷に関する点でもメリットが。

暮らし方も、新築ですと「傷を付けたくない」などの理由で神経質になりがちなところ、むしろ傷や古い木材の色合いも味として捉えることができます。わざわざレトロ風に作らなくてよいところが好みという方もいらっしゃいます。

家によっては、今では手に入りにくい立派な柱や梁を使用しているものも。最近では、中古住宅購入+リフォームにもローンが使いやすくなってきました。土地の利便性などから「これは」と思う物件が出てきた際も、「生活を家に合わせる」という少しゆとりある考え方ができる場合は全面リフォームにも取り組みやすい環境は整い始めています。


デメリット


間取りについては、完全に満足できるものはないと考えてください。できれば、1981年の「新耐震設計基準」で建てられたものがあればベスト。それでなければ、その家が耐震性能の面で劣る可能性もあり、余計な費用がかかることもあります。また、寒冷エリアであれば断熱についてもきちんと調べてください。家の間取り自体気に入ってそのまま住みたいと思っても、断熱性能がどのような状態かによっては、壁をはがしての工事となる可能性もあり、リフォーム費用が割高になります。実際に壁をはがしてみて、シロアリ被害が発見されることも珍しくなく、リフォーム予算と別の調査のための費用もそれなりにかかります。全面リフォームの際は、ローンの審査などの手続きが少々厄介。ローンの仮審査にはリフォームの見積書も必要です。そのため、有利な土地が出てくるのをゆっくり気長に待ちながらも、めぼしい土地建物が出てきたらスピード感をもって動くことが必須条件です。



新築―高い買い物、だったら自分だけの家を!という方に


メリット


全てが新しいものですので、心理的な抵抗感が少ないのが新築。自分が建てた自分の家、という満足感を得るには新築が一番です。また、間取りも注文住宅であればほぼ思った通りにできるでしょう。もちろん耐震性や断熱性なども、今現在の基準ですから安心。一から作り上げる時間と労力を惜しまない、手間をかけられる、またそれらを楽しめるという状況にある方には貴重な経験となります。外観(意匠)にこだわる場合は、新築が向いているでしょう。


デメリット


建物つきの土地を買ってしまった場合、更地にする費用がかかります。解体費用と、解体で出た古い資材の処分も、案外金額が張るもの。図面から起こす必要があるので、生活のイメージがしづらい面があります。

建築家や工務店、ハウスメーカー担当者とのコミュニケーション次第でスムーズにいくかいかないかが決まってしま面も否めません。イメージの共有という作業は、とても難しいからです。更地を購入する際、どうしても郊外になってしまうケースが多いでしょう。新しい住宅団地の土地を購入したとき、近隣の環境がどう変化するかが読みづらいことも多々あります。それら外的な要因はどうすることもできません。自分たちがどう住みたいか、というイメージに最終的に沿わなくなる可能性も含んでいることを納得の上で土地を購入してください。

これらのことから、

  • 土地を含めた値ごろ感を重視、暮らし方はある程度間取りに合わせることができる場合は全面リフォーム
  • 多少郊外でもいい、全てを一から作り上げる自分だけの家を希望される場合は新築の家

と大まかに分けることができるかもしれません。


まとめ


全面リフォーム


市街地で今現在手に入りにくい「広さ」「駅まで徒歩圏内」といった好条件の土地・建物があった場合に有効に働いてくれます。そういった条件の良い土地はめったに表れないもの。また、表れたにしても土地代だけでかなりの価格になるでしょう。既にある家を全面リフォームして住めるのであれば活用すべきです。同地域で新築を購入した場合の70%~80%ほどの金額を出して納得できるリフォームができるのであれば、その物件は間違いなく「買い」です。


新築


何より新しさ、希望通りの家を望む方にもってこい。耐震性・断熱性などの、家としての機能面も最新のものですから、安心ではあります。どちらかと言うと、「家を自分たちに合わせたい」というお考えの方向きでしょう。また、せっかく家を買うのだったら過去に人が住んだ家はいやだ、という心理的な面を満足させるものです。家のデザイン(外観)にこだわりを持たれる方にも、新築がおすすめです。


新しい家もよし。ここのところ広がる全面リフォームで生まれ変わる家もよし。「家を持ちたい」と願う方の選択肢が広がり始めている事には間違いはありません。この動きを受け、全面リフォームを積極的に手掛ける建築家も増加中。

「中古住宅か」と言わせない腕の持ち主が増えているということです。



※Renoチェンは建売住宅・中古住宅・中古マンションをご購入をお考えのお客様へ床材・クロス壁紙を自分好みのデザイン(弊社デザインを参考)に変えることで1点物の自分だけの住宅に住んでいただくことを目的した建売・中古+リフォーム(リノベ)商品です。床はフロアタイルという材料を使い既存の床にそのまま貼ることができます!クロスは既存のものをはがし張り替えます。床は大変傷や衝撃に強く部分貼替えも可能です。メンテナンス性も高くデザインも豊富です!長く住むおうちだから弊社は建売・中古+リフォーム(リノベ)は重要と考えています。大事な設備や保証はそのままに自分のこだわりを+「プラス」する。友達に自慢できるおうちに驚きをあなたの家に


>リノベーション+不動産物件の特集を見る方はこちら


マンション購入から

リフォーム(リノベーション)までの流れはこちら


お問い合わせはお電話または

メールにてお気軽にお問い合わせください

株式会社Rings+

「カブシキカイシャ リングスプラス」

☎ 028-688-7077 

✉ info@ringsplus.co.jp


■HPからのお問い合わせはこちら■


LINEでもお気軽に

不動産の購入に関する相談・リノベーション

リフォーム相談を無料にて行っております!!

詳しくは下記リンクをクリック

LINE@で不動産相談する方法

ページ先頭へ